青汁に多く含まれているケールとは?

商品化されている青汁は、それぞれに独自の特長を持つものですが、用いられる野菜に目立つものとしてケールの存在を挙げることができます。

最近では青汁のCMも、テレビで頻繁に放映されていることから、ケールの存在もまた広く知られるようになりつつあります。

ケールとは

ケールとは、地中海沿岸を原産とするキャベツの原種であり、味に独特の苦みがある特長を持つ野菜です。生命力が非常に強い野菜で、温暖な気候であれば一年中栽培可能であり、多くの収穫を得ることができます。

キャベツとは異なり、結球することはなく、厚くてかたい長さ50cm程度、幅20cm程度の青黒い葉をつけます。葉の部分には濃度の濃い栄養分を多分に含む特長があります。しかしながら、葉が硬いこともあり、食用にされることはあまりありませんでした。

さて、当初は食用として用いられなかったケールが注目を浴びたのは、この葉の持つ栄養価の高さが並外れていたことによります。

ケールのビタミン量をキャベツと比較してみると、ビタミンAは50倍以上、ビタミンB2は5倍以上、ビタミンCは2倍と、いずれも高い含有量を誇ります。また、ミネラル分も豊富に含まれており、カルシウムや鉄が、キャベツの3~5倍程度、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルも、おおよそ3倍程度含有しています。

このように、ケールは飛び抜けた栄養価の高い野菜であり、この点に高い注目を浴びたわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です